今日、作家の安部譲二さんの訃報を知りました。
「塀の中の懲りない面々」が有名ですよね。

前科何犯だったかしら?(笑)

その彼が、最後の獄中生活の時に、
ラジオから流れてきたのが「雨やどり(さだまさし)」。

コミックソングなんですけどね。
彼はそれを聴いて号泣し、
まっとうに生きようと心に誓ったそうです。





安部譲二さんの、この感性が大好きです。
どんな人生を送ってきたんだろう。と、思ってしまう。
この歌で泣くだなんて、素敵すぎる。

福山雅治さんも、泣くそうですけど(笑)。

わたしも、中学1年の時かな?
最初に聴いたとき、号泣しました(笑)。

あり得ないから。こんなほのぼのはあり得ないから。
こんな人現れないしね。
わたしはそんな人ではないから。
愛されキャラなわけがない。もの。

今、聴いても胸に刺さる歌ね。



人は環境に慣れてゆく。
自然と自分には甘くなる。
わたしは、わたしたちは違う。と思いたいから、
目を背けて生きてしまう。


でも。
時々、目の前に現実をつきつけられる。
その現実は、逃げてはくれない。

この歌は、現実から逃げない歌ね。
だから、心に刺さる。


棘は、いつか抜く時が来る。
いや、抜かずに腐っていくのかも知れない。

さて。どうなんでしょ?

堂々と、何からも隠れずに生きてゆきたいものです。
やっぱ、泣けるわぁ。



明日、重陽の節句。
陽が重なる日。
陰陽の思想では、奇数は陽の数。
陽数の極である9が重なる日。だから重陽。
陽の気が強すぎる日

心も暴れだすわけよね(笑)

深呼吸!だわね。

陽の極みを乗り越えて、さあ、どこに参りましょうか?


夏の最後のあがき。残暑っ!!
夏がどんなにあがいても、秋はやってくる。
秋、好きですよ



安部譲二さんのご冥福をお祈り申し上げます