今日は笑い話と女前の友の話。

笑い話でもあるけど、私が結構驚いた話ねー。

先日、大都市圏で(笑)
駅裏徒歩10分だかのホテルを目指していたの。
夜の9時くらいかな?

ご存知の人はご存知の通り、
わたしはめちゃくちゃ!方向音痴なのね?(笑)
昔からの友は私と待ち合わせする時は、
「いいからそこを動くな!」と言います。

「いや、グーグル先生もあるからさー」
とご遠慮したとしても!!

「うるさい!とにかくそこに居ろ!」と(笑)。


まあね。
数々の戦歴があるからねー。
駅裏徒歩3分のホテルを目指しながら、
30分以上歩いて?やっと!
「あれ?違うのかなーぁ?」と、気づくくらいの(笑)。
南も北もわかりません。


まあ、そんな人だからね?
電車で向かう間、LINEをしていた友が、
「ホテルは近いのか?」
というので、
「駅裏徒歩10分だよーー」
と答えたら、
「それはダメだ!遠い!」
と。

いや、普通じゃん?と言ったが、
夜道だぞ!と。
1人で泊まるときは、駅裏3分以内に泊まれ!
心配だ。と、マジで言ってくる。

過保護な母かっ!と突っ込んだが、
いや、なんか胸騒ぎがする。
暗い道通るんじゃないか?みたいな(笑)。

まあ、グーグル先生の導きで歩くから?
明るいか暗いかなど知らない。

まさかさー。何もないよ。
と笑い飛ばしていたのだけど。

大きな駅は、ほんとにわからないよねー。
だいたいどっちが駅裏かわからないし。
グーグル先生が南だ北だと言っても、
方向音痴にわかるわけねー。のだ(笑)。

とにかく!地下から上がって、外に出る。
どっちの方向から出たらいいかなどわからない。
ねっ!そんな人なの。

だから、徒歩10分なんてありえないのね?(笑)
ぐるっと回れば着くべ!
とか思う人で、でも回れない事もあるのね?(笑)
そういう経験を沢山積んでいる!
のに、堂々と何の根拠もなく歩き続けることが出来る。
という特技を持つの(笑)。

「道順分かってないのに、どうして先頭歩いてるの?」
と、何度指摘されたことか!!!(爆)


で。グーグル先生の導きにより、
それに従って歩いた。
そうしたら。
人混みの繁華街の道から、
高架下を通る頃には暗くて人通りもない。

何か時々人が道端に座ってたりする。
わたしでも、ちょっと薄気味悪く感じた。
ほんとに、人がいないのね。

足早にホテルに向かっていたら、
突然声をかけられた。

「お姉さん、お姉さん。
急いでる?」

「お姉さんじゃないけど」

「ごはん食べた?」

「食べた」

「急いでるの?」

「めちゃ急いでる」

横に張り付いて話しかけてくるんだねー。

「じゃあ、飲んだ?」

「飲んでは無い」

「飲みにいかない?」

「行かない」

こいつ、どっからわいてきたんだ?
とか思いつつ、スタスタ歩く。

「行こうよ」

「行かない。
連れと待ち合わせしてるから急いでるし」

で、撤退。


へーーーーー。
ナンパとかまだあるんだーーぁ。
と思いつつ。
声かけて振り返ったら、離れてくと思ったのに。

20代後半から30代前半の子だったな。

心の中で、誰でもいいんかい??(笑)
と思ったりして。
笑えるーーーー!!


ホテル戻って、友たちに笑い話として伝えた。
そーしたら?
反応に驚いた。

「ついていかなかったの?」

えっ????

さっきの過保護の母か?友は、
「ほらね!胸騒ぎしてたんだ。
そいつ、あんたつけてたよ」と。

そんなこたーねーだろー?
と返したが、
確かにナンパ師が人通りのないとこに
いるわきゃねーー!

気配とか全く無視して、
目的地だけ目指してたからなー。
気付かんかったね。

普通は、周りの気配とかにも配慮してるんだけど。
スキだらけだったんだろうね。


心配が的中した!という友が一人。
今度から一人の時は、ホテルは駅のすぐ近く!
と念を押された。


が、そういう反応をしたのは唯一人!!
あとは、
「好みじゃなかったの?
ついていけばよかったのに」


えーーーーーーっ????

9対1の割合で、この反応だった。
それに、わたしは驚いた。

えっ??わたし、子供??(笑)
普通ついてくの??
飲み食いの先があるのに??(笑)


と、ウブなわたしは、それに驚いたのでした。
内一人は男子だったが、
同じく!
「行けば良かったのに。
好みじゃなかったのかーーぁ」

「いや、好みとか好みじゃないとかで決まるのか?」

「相手が佐藤健だったらどうだった?(笑)」

「それなら少し考えたかも(爆)」

しかし!よく考えろ!
佐藤健は、ナンパなんてしませんからっ!
十分間に合ってますからっ!!

と大笑いした。



わたしの色々を知っている友が、
1人を除き、いけいけゴーゴー!と言ったのが、
かなり驚きだったーーーー。
やーーーー。びっくりだ。

自由だろ?楽しめ!と。


いや、わたしはこれでは楽しめないんだけどね?(笑)
そうか。そーゆー考えもあるのか。
と、飲み込めはしないが、そんなもんなの?
と、参考にはなった。



で!
その過保護な母か?の友。
もう、20年来の友。

旦那さんがパーキンソンになって、かなりたつ。
介護と言っていい。
今、東北に住んでる。

毎日、二人で散歩。
薬を飲まないことを選択した旦那を、
ずーーーっと支え続けている。
家を一日とてあけられない。
お姑さんも居る。

こないだは、途中で倒れこんできて、
支えられずにこけたそうだ。
「でも、下になったの〇〇ちゃんの方!」
と、笑う。


年に二度だけ、旦那さんをデイケアに預け、
里帰りすることしか自由がない。

これがどんなに大変な事か。

歩けないことにならないように、
このまま寝たきりにならないように。
叱咤激励しながら、優しい優しいその友は、
時に心を鬼にして、その旦那を叱りつける。
「ふざけんなよ!自分で出来る事はやれ!」と。


こないだ夜中に、
「二人でのんでまーーす」
と写メが送られてきた。

旦那さんが笑顔で、
スルメをくわえてる写真!!

なんか、嬉しかった。
二人の間にそーゆー時間があることが嬉しかった。

酔っぱらった彼女は、
LINEでこう言ってきた。

「なんだかんだ言ってもラブラブよ」と。

そして、
夫婦なんてこんなもん!と。
みんな妥協しながらやってるんじゃない?
諦めながら。
と言ってる奴らに、言ってやれ!

「どんな夫婦でも真の愛はある」と。
無いならヤメトケ!と。

わたしたちは、嘘夫婦じゃねーー!と。

「真の夫婦は居る」と伝えてやれ!と。


わたしたちは、
どう見えていても、
今も、これからも!ラブラブだ。と。

自分の都合で、世間を作るなよ。
逃げ口上だろ?と。
ふざけんじゃねーー。と。

勝手に決めるな!と。

ああ。好きだなーーぁ。この人。
ほんと、惚れちゃうなぁ。と。
涙流しながら、思った。


そして。
きよぴーにはワンナイトラブなんて、出来ないよ。と。
妥協なんて似合わない。と。


時に私にも切り込んでくる。
それは本心か?と。
嘘はやめたんだろ?と。

正面切って、向かってくる。
有難い友の一人。

彼女は誰であれ、真っすぐに向かう。
やくざにだって、
車どけてくれない?と平気で言える(笑)。

深夜、夜道を二人で歩いてる時も、
「何かあったら、きよぴーは逃げろ」
と、本気で言い切る。
そんな人。

本気で生きている。
彼女から学んでいることは多い。

いつもは冗談ばかりのわたしたちだけど、
肝心な時には、ズバリ刺してくる(笑)。
なーなーにしない。


女前って、こーゆー人の事を言うんだろうなぁ。
右にならってゆきたいわ。


ほんとうに、優しい優しい人。
人を見捨てられない。

「泣くときは、ふろ場で泣くと決めてた」

どれだけの涙を流したのだろう……。
そんなそぶりも見せずに来ながら。


世間ってなんだ?
みんなって誰だ??70億か??
人の人生決めんなよ。

とてつもなく失礼と、わたしも思います。
自分に世間を持ってくるな!です。
言い訳に使うなよ。です。


人はみな、幸せになっていい。

違う?



女前の彼女の余韻に浸りながら、
今日は温かな気持ちで寝る事にいたします。

いつもありがとう。




c9398bb1d758686ee71168f13feabab0_s