太陽のおつかいの八咫烏。
そりゃ!ピーカンですよね
プラス!晴れ女ですもの^ ^

2日目は、熊野づくし


熊野那智大社からスタート!
(写真だらけですーーぅ)


熊野那智大社

熊野三山の一つ。
主祭神は、熊野夫須美大神(伊耶那美命とされるが、諸説ある)。



IMG_5154


IMG_5158

IMG_5160

 IMG_5165

IMG_5168


八咫烏、テンション上がりますよねーーぇぇぇ


那智山青岸渡寺

IMG_5172


IMG_5174


お隣にあったお寺。
如意輪観音菩薩。
下から仰ぎ見たかったので、膝をついてパシャッ!
観音様の頭上。
わかるかしら~~ぁ??



IMG_5186



熊野那智大社別宮 那智滝(飛瀧神社:ひろうじんじゃ)


IMG_5197


IMG_5201


IMG_5207


IMG_5213


IMG_5217



熊野速玉大社

熊野三山の一つ。
主祭神は、熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)。

IMG_5244


IMG_5246


IMG_5249


IMG_5253


IMG_5259


IMG_5263



神倉神社

熊野速玉大社の摂社。
「熊野三山」の一部、および世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部。
源頼朝が寄進したと伝えられる、急勾配の鎌倉積み石段538段を登るっ!!

本当に急勾配。杖がないとわたしゃ、無理っ
山上の巨岩がご神体として祀られており、主祭神は、高倉下命(たかくらじのみこと)・天照大神。


IMG_5269


IMG_5369


友が撮った写真。
あちらとこちら。
何やら薄いベールの境界線?!が見えますね


IMG_5275


IMG_5290


IMG_5296



熊野本宮大社

熊野三山の一つ。
その中でも中心であり、全国3000社以上ある熊野神社の総本宮。
御祭神は、他の二社と同じく、熊野十二所権現と呼ばれる十二柱の神々。

主祭神は、家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)(素戔嗚尊)。


IMG_5306


IMG_5309


IMG_5312


IMG_5314


IMG_5368


IMG_5367


結宮。
左から第一殿 夫須美大神。
第二殿 速玉大神。

これも(一つ上の写真も)友人が撮った(笑)。
今回は、友が私のサルタヒコでーーしたよ。
どちらも、右下に斜めになにやら霊気が見えますね



IMG_5325


左から、第三殿 本宮:家都美御子大神(素戔嗚尊)。
第四殿 若宮:天照大御神。


IMG_5329

満山社(結ひの神、八百万の神)。


熊野本宮大社旧社地 大斎原(おおゆのはら)

本宮の旧社地。
明治22年の大洪水で、多くの社殿が流されたそうでして、流されなかった上四社が、今の本宮に移され、現在は、中四社・下四社をまつる石造の小祠があります。
大鳥居の中は撮影禁止にて、小祠は撮れませんでした。
大鳥居は日本一の高さだそうです。

IMG_5335


IMG_5340


IMG_5347


IMG_5348


IMG_5349


IMG_5350


大斎原からの道すがら、田んぼにへびを見つけました。
はい!これも友がっ!!(笑)

凄いでしょ??
なにせ、この後、大国主神(大己貴命(おほなむち))に会いに行くわけですよっ!!
その前に、お遣いに会えた

※オオナムチ は大蛇神といわれていますのよ。


でね!
熊野の大神の神遣は太陽の化身である八咫烏。
そのことから、本宮祭神の始原が日神であったことを物語っていると、本宮の創祀にありました。
熊野信仰とは、太陽の黄泉返りを願う祭礼なのだそうですよ。
太陽に愛される女らいららとしては、とても在り難い!熊野でしたわ


熊野本宮大社 末社 産田社

本宮の末社。
御祭神は、伊耶那美命の荒御魂。

妊婦さんの知り合いが多いので、安産を御祈願して参りましたよ


IMG_5353



とにかく!熊野は空が凄かった!!
大パノラマで、撮りきれないのよね。
縦にも横にも凄いので、肉眼で見せたーーい!!と叫びましたわ(笑)。


IMG_5354




IMG_5358



IMG_5359


とりあえず!アップしましょか



よかったらポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ
にほんブログ村



※スマホや携帯からの場合は、何か宣伝(コマーシャル的なの)とかが上下に勝手に入るけど、うちとは無関係でーーす!